デジタルカメラを持つことが一般的、下手をすればスマホやケータイのカメラで撮ることが一般的となった昨今、フィルムカメラの良さが見直されてきています。

デジタルにはないドキドキ。それは、現像してみないと、どんな写真が撮れているか、また撮ったことを忘れていたような画像が時折出てくることにあります。
また、フィルムだから出せる風合いや面白い撮り方のできるおもちゃカメラも多く発売されています。

あまりにクリアに撮影できるデジタルだから、ノスタルジック感や人間らしさ、風合いを求めて、フィルムカメラで遊ぶ人も増えています。
また、デジタル主流の今、いつまでふフィルムカメラで遊ぶことができるか、考えてフィルムカメラを使っている人もいるようです。但し問題は現像。昔はどこでもあったフィルムの現像受け付けですが、現在では撤収され現像ショップにもっていかなくては無理。なんてところも少なくありません。